在籍確認なしのカードローン、キャッシングはあるの?【即日でお金を借りることができる消費者金融は?】

カードローン・キャッシング会社おすすめランキング

お金のことに関しては友達や両親などの家族に相談しにくいものですよね。

 

親や友達の手前には見栄やプライドがあって「お金を貸して欲しい」と言えない人がほとんどではないでしょうか。そのため、お金が必要な状況では、カードローンやキャッシングを利用する人がたくさんいます。

 

中でも、周りの人の目が気になる人に人気なのが在籍確認なしで利用できるカードローンやキャッシングです…というのはネット上の情報であって、在籍確認なしというキャッシング業者は存在しません。実際は大手キャッシングの全てが在籍確認をしっかりと行っております。ここでは、評判も良く、安心して利用できるカードローンとキャッシングのおすすめ企業をご紹介して参ります。

 

アコム

 

対応が良いとキャッシングの中でも評判が高くて人気なのがアコムです。

 

低金利で使い勝手もよく、セキュリティもしっかりしているのでプライバシーが守られるので安心して利用できます。在籍確認についてはアコムというキャッシング会社名で連絡されることはなく基本的には個人名で電話連絡が入ります。
さらに時間指定や性別指定などにも応じてくれるので周囲にバレずに利用できるのがポイントです。

 

インターネットからのお申込みであれば、手続きもスピーディーなので急いでお金を借りたい人におすすめです。

 

アイフル

 

アイフルは、その他のキャッシング会社と違いメガバンクがバックについてないために、大手キャッシング会社の中でも審査における柔軟性が特徴なので、審査に自信がないという人におすすめです。

 

即日お金が必要な人でも、その日にお金を振り込んでもらうことができます。
カードを郵送してもらう際には、配達時間を選ぶことができるので自宅で安心してカードを受け取ることができます。

 

キャッシングでは珍しいお友達紹介制度があるので、友達に紹介する予定のある人はアイフルを利用するとお得です。

 

プロミス

 

プロミスを初めて利用する人は、メアド登録とWeb明細利用で30日間無利息サービスを受けることができます。

 

平日の14:50までに契約が完了すれば即お金を振り込んでくれるだけでなく、夜でも自動契約機に行けば契約をしてお金を引き出せるサービスを展開しているので、急ぎでお金が必要な人にはとても便利です。

 

プロミスは返済方法も充実しているので使い勝手が非常に良く人気があります。

 

モビット

 

モビットは三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている人であれば、超レアサービスが受けられる「WEB完結」での申込みをすることができます。

 

WEB完結申込みを利用すると、電話連絡がゼロ、郵送物もゼロなので安心してキャッシングを利用することが出来るので、プライバシーを重視される方にとっては非常に使い勝手の良いキャッシング会社と言えると思います。

 

連絡は全てメール、契約書類などもネットで交付、返済方法も口座振替で忘れてしまうこともないなど、至れり尽くせりのサービスのキャッシングと言えます。

在籍確認があるなしの違いについて

キャッシングを初めて利用する人には「在籍確認」という言葉が聞き慣れないかもしれませんね。

 

当サイトでも何度も「在籍確認」という言葉が出てくることからもキャッシングのご利用におけるその重要性はお分かり頂けるのではないでしょうか。「在籍確認」というのは、申込書にて申告した内容が事実なのかどうかを確認するために、勤務先などに電話をして在籍を確認することです。申込書に記載されている会社に本当に勤めているのかどうかを裏取りするのです。

 

なぜ在籍確認をするのかというと、ご提出頂いた勤務先情報が正しいかどうかを確認する為のものになります。

 

もしも偽っていたとしたら、返済能力がないということになるのでお金は貸せないという判断をすることができます。返済能力のない人にお金を貸してしまって、万が一返済されることがなかったとしたらキャッシング会社は大損失です。そのリスクを抑えるために、在籍確認 を行っているのです。

 

在籍確認は、一般的には勤め先に電話をかけ、申込者を呼び出してみて本当に勤務している人なのかどうかを確かめます。キャッシング会社が会社に電話を入れる際、基本的にはキャッシング会社を名乗ることはありません。当たり障りのない個人名で連絡を入れるために、会社の人に怪しまれるようなことはありません。

 

但し、人によっては、女性からしか電話が入らないような部署にいる場合などがありますよね。

 

その場合には、あらかじめその旨を伝えておけば、女性が在籍確認の電話をしてくれます。時間帯の指定や曜日の指定をすることもできます。派遣社員の場合には、自分に直接電話がかかってくることがないというケースもあると思います。その場合は、本人確認書類の提出だけでも大丈夫ということもあるようです。在籍確認の際には、諸事情を踏まえて柔軟に対応してくれるところが多いので、あまり神経質にならなくても良いと思います。

 

それでも在籍確認がない方が良い、不安だと思われる方に良い方法があります。

 

それは、在籍確認の方法を電話連絡ではなく書類の提出によって行うということです。この時に提出する書類というのは給与明細書や源泉徴収票などといった、会社に在籍していることを証明出来る書類になります。

 

但し、書類はいつのものでも良いという訳ではなく、直近1〜2か月以内のものが必要となりますのでご注意下さい。

キャッシングにおける在籍確認なし?の審査基準とは

キャッシング会社によって金利や貸し付け条件が異なるように、審査基準もキャッシング会社によって違います。

 

それでも、どのような部分が審査の対象になっているのかという点は非常に気になるところですよね?
そして、少しでも審査のハードルの低いところで審査を受けたいと思うものではないでしょうか。

 

でも、各社の審査基準の比較をするのは不可能です。

 

キャッシング会社の口コミなどを見て行くと、どのような人が審査に受かっていてどのような人が審査に通らなかったのかを知ることができますが、人によって年収などの条件が異なるので審査基準を知るということにはつながりません。

 

まず、審査基準の前にキャッシングを利用する人の条件というものにそぐわない人は審査に通らないでしょう。

 

利用条件の中には、年齢に関する条件があります。たいてい20歳以上の人でなければ利用できないので、未成年の人がキャッシングの申込みをした場合には審査には通りません。

 

その他の審査基準になるものには、申込書に記載されている内容が審査の対象になっています。

 

年収、勤続年数、家族構成、住まいなどです。

 

キャッシング会社がチェックすることは、返済能力があるのかどうかという点です。それを独自の基準で見定めていっています。勤務形態が派遣社員や契約社員だからといって、審査に通らないということではありません。正社員でなくても、毎月安定した収入が得られている場合には審査に通らないということはありません。

 

審査に通らないケースとしては、過去に借りたお金を完済していない場合や返済の遅延をしたことがあるなどのケースです。過去に債務整理をしたことがある場合にも、審査に通るのは厳しいでしょう。

 

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンでも審査基準に違いがあります。

 

キャッシングの審査とカードローンの審査を比較してみると、銀行カードローンの方が審査のハードルが高くなってくるのはおわかりでしょう。銀行カードローンに比べると消費者金融キャッシングの審査の方が柔軟になる傾向があります。

 

これは、良く言われていることなのですが事実なようですね。

 

ただし、銀行カードローンの方が金利が低いなど条件が良いので、審査に不安がないという人は銀行カードローンをトライしてみると良いでしょう。

 

審査に関して不安があるという人は、キャッシング会社のホームページにある「お試し診断や借入診断」を試してみるとよいでしょう。お試し診断は、キャッシングの申込みをする前に自分の条件で融資をしてもらえるのかどうかを仮に審査してもらうものです。3つほどの項目を入力してクリックするだけで、融資が可能なのかどうかを診断してくれます。

 

あくまでも仮の審査なので、ここで審査可能という結果が出ても審査に通らないことがあったり、逆に審査に通らないかも・・・という診断だったのに実際の審査には通ったなど、実際の審査との誤差があることはあります。

 

ただ、審査に対する身構えもできるのでトライしてみることをおすすめします。

カードローンとキャッシングについて

突発的なことがあって今すぐお金が必要になることってありますよね。

 

そんな時に助かるのが、即日でお金を借りることができるキャッシングやカードローンの存在です。

 

カードローンやキャッシングという言葉はよく耳にしていても、この2つの違いをはっきりと知らない人が多いのではないでしょうか。お金を借りたいと考えている人は、カードローンやキャッシングについて知っておいた方が良いと思うので、カードローンとキャッシングについてお話していきたいと思います。

 

カードローンとキャッシングというのは、言葉のままの役割を担っていた一昔前の場合には、カードローンはカードを使ってお金を引き出すことの意味で、キャッシングはお金を引き出すことを意味していました。

 

でも今は、この2つの機能的な違いはほとんどありません。カードローンというのは、主に銀行が打ち出しているサービスで、銀行系の借入を「カードローン」と呼んでいます。キャッシングは、消費者金融が打ち出しているサービスで、消費者金融系の借入を「キャッシング」と呼んでいます。

 

では、カードローンとキャッシングではどちらを利用した方がお得なのでしょうか?

 

どちらを利用した方がよいのかは人によって違います。要するに自分に合っている方を利用するのが一番ということです。自分に合っているのはどちらなのかを考えるためには、カードローンとキャッシングのそれぞれの特徴やメリット・デメリットを知り、その上で考えてみるべきですよね。

 

まず銀行カードローンの特徴ですが一番の特徴は金利が低いという点です。

 

銀行の商品になるので、理想的な金利設定が実現しています。

 

キャッシングよりも低めに設定されていることが多いので、金利重視で借入先を検討している人にはおすすめです。金利が低く提供している代わりに当然審査のハードルが高くなっています。銀行なのでシビアな面があるのが多少デメリットになってくるのでしょうか。

 

また、消費者金融キャッシングでは即日融資などのスピード感あるサービスが当たり前のようにありますが、銀行カードローンではスピード感が落ちることがあります。そこまで急ぎではないという人であれば、問題ないのでカードローンを検討してみてはいかがで しょうか。

 

次に消費者金融キャッシングの特徴ですが、一番の特徴はスピーディーに利用開始できるという点です。
申込みをしたその日にお金を受け取ることができます。
審査回答も最短30分とスピード感ある対応をしてくれるので、急ぎでお金が必要な場合には頼りになります。

 

その分、銀行カードローンに比べると金利が高めになっています。

 

小額の借入であれば、数%の金利の違は金額にしてもたいしたことないので気にならないという人が多いでしょう。
それよりも、手続きが簡単で手間を省きたいという効率を求める人にはキャッシングがおすすめと言えると思います。

 

なおキャッシングの比較についてより深く勉強したいのなら、即日融資をご覧になると良いでしょう。